忍者ブログ

復讐屋

知ってるようで知らない復讐屋ことについてお伝えしています

2018/02/27

復讐屋の実行タイミングでするべきこと

復讐屋に依頼したら後は実行してくるのを待っていれば万事問題なし。


そう思う方は多いかもしれませんが、万全を期すには少々雑と言わざるを得ません。


なぜかというと復讐は遂行される状況になったものの、アフターフォローが足りないからです。

 


例えば復讐が実行されたとします、当然ながらターゲットは誰が何をしたのか突き止めようとします。


その矛先が自分に向いた時に待ってただけの状態で100%の回避ができるでしょうか?


場合によっては自宅でゆっくり待っていたということもあるでしょう。


そんな時に自分のアリバイを証明しようと思っても難しいはずです。


復讐の実行と依頼者である自分の繋がりがなくても、偶然にも疑いの目を向けられる可能性はゼロにできません。


だからこそアリバイを作って万全を期すということが大切なのです。

 


もしもターゲットと共通の知人がいて、その方を恨んでいないなら一緒に過ごすと良いでしょう。


それだけで疑いの目を外すことができますから、これこそ万事問題なしというものです。

PR

コメント

リンク