忍者ブログ

復讐屋

知ってるようで知らない復讐屋ことについてお伝えしています

2018/06/28

復讐屋は裏社会の住人ではなく単なる何でも屋である

復讐屋という言葉の響きが及ぼす偏ったイメージというのは多々ありますが、復讐屋というのは単に何でも屋がジャンルを特化させただけです。


法的な位置づけとしても便利屋や何でも屋と同じ括りになりますし、単に業者が受ける依頼のジャンルが復讐というだけの話になります。


だからこそ逆をいえば町中で営業している会社組織などと同じ扱いになりますから、法に触れない依頼のみ受けるというのも当然でしょう。

 


復讐屋というのは法に触れない依頼しか受けませんし、仮にそうではないところがあったとしても依頼者に相当なリスクがあります。


復讐は法に触れないものですし、法に触れる行為をするからこそ法に触れるというまさに禅問答のような状況なだけです。


要するに法に触れないことだけで復讐をすれば行為だけ見れば何らリスクのない復讐とすることができます。

 


もちろんリスクというのは法的なところ以外にも沢山ありますし、代表的なところでいえばターゲットに自分の計画がバレることが一番に挙がります。


これに関しては自分で動くから計画者がバレるというオチですから秘密を厳守できる実行者に任せてしまうのが手っ取り早いです。


このような点を踏まえると復讐屋のメリットというのは単にプロだからということだけに留まらないことが分かると思います。

PR

コメント

リンク