忍者ブログ

復讐屋

知ってるようで知らない復讐屋ことについてお伝えしています

2017/09/21

復讐屋の口コミは全て批判でも当たり前だったりする

口コミを見て業者を選ぶというのは最近だと当たり前のように皆がやっています。


しかし前提として口コミを書いた人=サービスを受けた人すべてという訳ではないということを考慮する必要があります。


特に復讐屋などネガティブなイメージがつきまとう業種に関しては、その口コミ全てがネガティブな内容だとしても何ら不思議ではありません。


なぜなら復讐屋に依頼してキッチリ復讐を果たした人ほど口コミを書く理由が存在しないからです。

 


依頼の末に復讐が成功した人と失敗した人のケースを見ていきましょう。


まず復讐に成功したのであれば、もう元の生活に戻っています。


恨みを持っていたことなど忘れて快適に過ごしているというような状況ですから、あれこれ結果を書きたがらないのです。


世間的に後ろめたい復讐という行為を、しかも業者に依頼して解決した。


これは隠しておきたい事実かどうかは言わずもがなであるはずです。


口コミといっても匿名ですが細かいことを書けば身バレという運命が待っていますから詳細を書くことができません。


だからこそ万にひとつの確率でポジティブな内容の口コミがあったとしても明確な内容にはなっていないはずです。


上記の利用者としての心理を考えれば詳細すぎるポジティブな口コミは業者が書いていると思っても良いかもしれません。

 


さて、代わって失敗してしまった場合はどうでしょうか?


恨みも晴らせていませんし、諦めていないなら別の業者を探しますし、更には失敗した業者も恨んでいます。


これは事細かにでも業者を批判する動機として十分ではないでしょうか?


現に個人を特定されないような範囲でかなり細かい内容の批判的な口コミを探すのは容易です。


だからこそ批判的な内容の口コミが多いのは自然であって復讐屋を選ぶ上で口コミは参考にならないということです。

 


更にいってしまえば業者の数が少ないゆえに足の引っ張り合いということもします。


ステマ的に批判を書いて自分たちの評価を押し上げようとする輩は一時期かなり多かったようです。


結局のところ口コミが参考にならない以上は、自分で複数の業者に問い合わせて感触をみる方法が最も確実といえますね。

PR

コメント

リンク