忍者ブログ

復讐屋

知ってるようで知らない復讐屋ことについてお伝えしています

2018/04/30

復讐屋は場合によって活用できないケースがある

復讐を第三者に頼むのであれば復讐屋という選択肢は最も合理的な選択の1つですが、それもケースによりけりです。


ではどんな時に復讐屋は使えるのか、またどういう時だと活用することが難しいのかを考えていきたいと思います。

 


まず恨みを持った方は自分の手で復讐をしようと試みるのが通常の流れです。


ここで最初から誰かにやらせようと思う方は稀ということになります。


で、あれこれ試行錯誤やら計画をしていきますが、障害が多々あることに気づいてしまい第三者を頼ろうと考えだします。

 


そのような流れならまだ良いのですが、活用できないケースとして一番に上がるのは自分で復讐を散々実行して失敗続きなケースです。


何度も失敗が続くと当然ながら自分の計画に相手も気づいてきます。


こうなってしまうと第三者が動いたところで自分の差金だとバレてしまいますから、メリットがかなり少なくなってしまうのです。


ですので復讐屋を頼るにしても動く前の方が賢明ということになるのです。

PR

コメント

リンク