忍者ブログ

復讐屋

知ってるようで知らない復讐屋ことについてお伝えしています

2017/11/09

復讐屋と依頼者は一蓮托生である

復讐屋に頼むなら何を依頼しても良いと考える方が少なくないようですが、それは大きな過ちです。


法的な観点からいえば復讐屋と依頼者は一蓮托生で法に触れる依頼を出したら依頼者もアウトということになります。


今後のことを考えれば非常にリスキーというか、やってはいけないことですので控えましょう。


そんなことをしなくても復讐は遂行することが可能です。

 


そもそも復讐という言葉の響きが危ないだとかネガティブなイメージなのがいけないような気がしますが、それは捉え方が違います。


復讐というのは何かをされた際の報復を指すだけで、危ないとかクリーンとかそういうものではありません。


あくまで復讐の際に過激なことをしようとするからリスキーなだけなのです。

 


復讐屋にしても漫画などのイメージが先行している印象がありますが、実際は合法的に復讐を代行しているだけに過ぎません。


復讐であろうと過程において合法的な行動しかしていないのであれば一切のリスクなくクリーンな行動といえます。


そういうものを代行しているにすぎない復讐屋も同時にクリーンということなのです。

 


というか法に触れるようなことをしていたら復讐屋もネット上で堂々とサイト運営を行なっていません。


今どき無料で見れる・読める・聴ける系の無料サイトですら法に触れるものが次々と排除されているような時代です。


そんな中でイメージが悪い復讐屋が運営を続けられている理由もここにあります。

PR

コメント

リンク