忍者ブログ

復讐屋

知ってるようで知らない復讐屋ことについてお伝えしています

2017/12/06

復讐屋が受ける業務は合法的なことなら何でも問題ない

復讐屋の業務は復讐全般というのは専門業者である以上、当然のことですが復讐なら何でもOKという訳ではありません。


やはり復讐屋が復讐屋として公然と営業できる理由は合法的な依頼しか受けないということに尽きます。


これが法的なところを度外視で依頼を受けているとしたら法に触れるので堂々とやっていられないのです。


それだけにどこまで一般的な業者と同じように振る舞っているかというのは1つの判断基準となります。

 


とはいえ取り扱うものが復讐である以上、一般的な業者のように名刺を持っていたり顧客と面談をしたりというのはなかなか難しいです。


もちろんその方が依頼者にとって安心を得られるのは理解できますが、面識をもった時点で繋がりが生まれます。


特にターゲットに対して一切の痕跡を残さずに復讐をしたい、その為に業者に相談してるケースではこれが致命傷になりえます。


繋がりがある以上それなりの痕跡から辿ることができてしまうのはリスキーではないでしょうか。


この繋がりを必要最低限に留めることは自分のためでもあるのです。

 


そのようなケースではなく単に自分では難度高いという場合において、業者と面談などをするのは問題ないといえます。


ある程度の自由が利きますから納得できる形で進められるところで復讐を遂行していくのは顧客の自由かつ権利です。


ただし自分がどのような状況でどういう復讐が必要かというところが見えていないと適切な選択肢が選べません。


ですので不明瞭なところがあるなら最低限の繋がりに留めるべきというスタンスに変わりはないといえるでしょう。

PR

コメント

リンク